FC2ブログ
生きる.log
技術、思考、音楽。なんか書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年表まとめてみましたⅡ
連投です
続編です
厨房です

Ⅰはこの記事の前なので、そっちからみてくだしゃい









厨房編



13歳
ゲームに飽きる
オーケストラ部に入り音楽に目覚める
基本的に生活は消防時代と大差無い
この頃(?)家庭用太鼓の達人を友人の自宅にてやってみる
そろばん塾の友人に借りて本家DDRをプレイし音ゲー熱が復活

14歳(前半)
自宅についにPS2が配備される
グラフィック美に圧倒される
友人宅にてO-toro氏のダンおにをやらされるが2分で飽きる
DQMの影響でゾーマ様熱が急上昇

14歳(後半)
お小遣いが月2000円になったため色々なゲームを購入
パワプロやDQV、MGS2やRツクにも手を伸ばす
友人の影響で歴史系人斬り系ゲームにはまる
戦国無双の蘭丸が男と知り鬱になる
(この辺りから進化が始まってたのかもしれない)
自我が芽生えて現在の精神年齢に少し近づく

15歳(前半)
友人にDQⅧを借りるが、竜神王の白銀(?)を倒した所で取られる
さらにFFXを借りる(初のFFであった)
青春真っ盛りの自分に主人公を投射して感情移入しながら進める
初めてゲームで感動する
友人の「俺は断然リュック派だなー」という発言を機に
完全にユウナ派の人間へと進化を遂げる
ユウナいいよユウナ。
(冷静に考えると既にノーマルでは無いのかもしれない)
偏差値が46と診断されて生涯初の挫折を経験する
これを機に夏休みから自宅のゲーム機をまとめて封印する
(ここから漫画生活が始まる)

15歳(中半)
偏差値51宣言を受けて精神的に大ダメージを受ける
親から私立の受験許可をもらえず都立一本のみしか道が無くなる
父は(ry
母の仕事がうまくいかずにストレスを家に持ち込むようになる
受験生にも関わらずストレスをぶつけられて精神的にも瀕死状態に陥る
しかし修学旅行にて友人に自分を発見してもらう
ようやく生きる価値を見つけて息を吹き返す
(この頃から少しずつ自分に正直になる)

15歳(後半-受験前)
受験手前で絶望的な判定を受ける
親からのダメージがよりいっそう強まる
トラウマが日に日に増加していく
唯一生きる希望を見つけたがそれも失う
半人間不信状態に陥る
青春とか若さを完全に失う
せかいのほうそくがみだれる

15歳(後半-受験後)
なんとか合格するが、普通科への道が無くなり鬱になる
(この頃からトラウマスイッチが見え隠れするようになる)
(この頃からオタクを毛嫌いするようになる)
ゲームを開放することによって魂が自分の体の中に戻ってくる
ユウナいいy(ry
失ったものが少し戻ってくるが、若さや青春はどこかに落としたらしい
(この頃からほぼ今と同じような精神年齢に進化する)
ケータイを買ってもらいケータイ厨になる
友達がきっかけでモバゲー厨になる
ゲームよりもケータイゲームを優先するようになる
この頃友人に神竜の存在を聞いて再びDQⅢを始める



つ・・・つかれt・・・・・・・・ozr
続きは高専編にて
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pink0sky.blog118.fc2.com/tb.php/26-5203d612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。